お金

不動産屋には騙されない

電卓

投資には種類がありますが、安定感を求める方に人気となっているのがマンション投資です。空室の増加など細かい失敗を防ぐことができれば、マンション投資の安定感は高いものになります。

詳細を確認する...

足元を掬われないために

業者

投資というのはリスクが上昇すればするほどリターンが大きいものだ。そのため成功例だけ聞いて投資するのは避けたほうが良い。それ以上の失敗例がその裏には隠れているものだからだ。マンション投資を進める上で一番大きな要素は信頼できる業者と出会うことだ。きちんと失敗例についても述べられる業者は信頼に値する。

詳細を確認する...

事前準備が重要となる

男性

インターネットを使えばマンション投資の情報を簡単に調べられます。老後の資産として活用することも可能なので、人気です。失敗しないためには協力してくれる会社の存在も必要です。もちろん、情報収集も重要となります。

詳細を確認する...

リスクを押さえた投資を

投資の方法も複数ある

マンション

毎月安定した家賃収入があり、株のように価格の急落による損失といった失敗も無いマンション投資は長期的に安定した資産形成を目指す場合には最適な投資方法の1つと言われています。 そのマンション投資には様々な方法があります。新築マンションを建設して分譲販売する方法や中古マンションを一棟、あるいは住戸を購入して販売や賃貸する方法、投資用マンションを購入して住戸を貸し出したり、値上がりを待って売り出すといった方法です。 また資金が少ない場合でも問題なく始めることができるマンション投資もあります。ファンド方式でお金をファンド会社が集めて、その資金を元にマンション経営をファンド会社やその委託会社が行う手段です。 何れもマンション投資の方法もメリットがある一方、失敗のリスクも存在しているので、メリットだけでなくリスクも考慮して資産に合わせた投資を行う事が肝要です。

デメリットを知り投資する

資産規模に合わせた投資が行え、家賃による安定収益と場合によってはキャピタルゲインによる利益も望めるマンション投資は大変魅力的ですが、一方で失敗のリスクも当然あります。マンション投資が持つ優れた収益性だけでなく、投資におけるデメリットも知っておくことで、失敗を避けるテクニックを活かせて成功により近づくことができるはずです。 デメリットの1つとしてマンション投資で危惧されるのが、空室のリスクです。マンション投資は基本的に物件の値上がりよりも、賃料収入を柱とする投資となります。そのため空室のリスクは常に考えておくことが投資失敗を避けるテクニックの1つです。 また別のデメリットに、流動性リスクあります。特に地方などの買い手や入居者が多く望めないマンション物件の場合、一度購入すると売却には時間が掛かることが多く、短期間の売却が難しい事を頭に入れておく必要があります。

Copyright ©2015 マンション投資の失敗回避!【リスクなしで一攫千金】 All Rights Reserved.